教会の歴史

スエーデンから北米へ

1878年、スウェーデンで設立されたカベナント(「聖契」)教会は、当時のルター派国教会の形式的、世俗的な在り方に対して起こった自由教会運動の中から誕生した。その名称は、十字架信仰による再生と新しい生命についての共通の経験を分かち会う者たちを互いに結び合わせるという意味を持っていた。勿論、そこには宣教の使命の分かち合いも含まれていた。そして、その経緯を持つ多くの人々のアメリカへの移民とそこでの交わりと伝道の中で、1885年、アメリカにもカベナント教会が誕生した。

 

北米から日本へ

 1949年、そのアメリカの福音カベナント教会は宣教師たちを派遣して日本伝道を開始し、まず東京に聖契神学校を設立し、東京、神奈川、群馬、新潟の各地に教会および伝道所を設立した。その後、宣教師たちは日本カベナント宣教会を組織し日本人の団体である日本カベナント教団と協力して宣教に当たってきたが、1967年4月、この両者は合同して「日本聖契キリスト教団を組織し、今日に至っている。

 

松田町での宣教

松田聖契キリスト教会は1949年頃、当時、国府津教会の副牧師であった松元茂師が杉本春吉兄弟を伴い、開拓伝道をされた結果、50年に会員5名を以て組織された。翌年には小さな牧師館が建てられ、更に1952年、幾多の困難を克服し、小さいとはいえ、魅力的な教会が献堂された。その頃の新聞には「足柄上郡初のキリスト教会が建った」と報道された。それに伴い、宗教法人の認可申請を行い、1955年2月宗教法人松田聖契キリスト教会が発足した。その後、63年4月、松元茂師が宣教師として台湾に行かれ、その後、佐藤勇師、角本行巨師、島田早苗師、高橋美重子師、恒見和久師と牧師が変わり、1987年2月に現在の清水康師が赴任、現在に至っている。