■日曜礼拝のご案内

(毎日曜日 10:30~ 11:30)
キリストが十字架に架かられ、三日目によみがえられたことを記念して礼拝をします。神から離されていた人間がキリストによって神との交わりを回復し、救いが完成したことを覚える日です。この日には、感謝をもって賛美と祈りを捧げます。また説教という形で聖書の教えを聞くことが礼拝の中心です。慰めや励まし、そして新たな指針を得るすばらしい機会となります。



礼 拝 式  
   
前 奏          黙想  
招きの言葉   詩篇118:1.2.15-24
賛 美            聖歌114
主の祈り  
交 読           Ⅰコリント15:1-11
祈 祷  
賛 美           聖歌170
C S               復活の主
さんび         おどり出る姿で 145
賛 美           栄光イエスにあれ
朗 読           ルカ24:1-11
説 教           イエスの言葉が生きている
献 金           聖歌379
賛 美           聖歌172
感謝祈祷  
頌 栄           聖歌383
祝福と派遣  
後 奏(黙祷)  
報 告  



■聖書を読む会

毎水曜日10:30~   


皆で聖書を読み、その中から教えられたことを自由に分かち合う時を持ちます。どなたでも参加できます。 使用図書「聖書を読む会の手引き」M・クンツ/C・シェル共著

■教会学校 CS

(小さなお子さんから、小学生まで、毎日曜日大人の礼拝の中で行われます)混沌とした社会にあって、何が正しく、何が人として求められているのかがあいまいになりつつある時代に、聖書の教える倫理観を知り、神にあって生きることの意味を学ぶことはとても大切なことです。ぜひ、お子さんをお送り下さい。

■祈祷会

毎月第一水曜日

11:00 ~      

18:30 ~

 

互いの近況報告の後、それぞれ課題を出し合い、祈ります。 



■主の祈り

天にまします我らの父よ
 ねがわくはみ名をあがめさせたまえ
 み国を来らせたまえ
 みこころの天になるごとく
地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日も与えたまえ
我らに罪をおかす者を我らがゆるすごとく我らの罪をもゆるしたまえ
我らをこころみにあわせず
悪より救い出したまえ
国とちからと栄えとは
限りなくなんじのものなればなり
アーメン

■信仰告白(使徒信条)

我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。 我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり、天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり。かしこより来りて生ける者と死にたる者とを審きたまわん。我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだのよみがえり、永遠のいのちを信ず。
アーメン